目的・設立経緯

設立経緯

設立経緯

21世紀を担う指導者の育成が焦眉の急である、との認識が、真藤恒氏(当時日本電信電話株式会社社長)、小林陽太郎氏(当時富士ゼロックス株式会社社長)、梅津昇一氏(株式会社ユーエスコーポレーション社長)の三氏を中心に高まり、この三氏を中心に佐治敬三氏(当時サントリー株式会社社長)、千野宜時氏(当時大和證券株式会社会長)、椎名武雄氏(当時日本アイ・ビー・エム株式会社社長)、飯田亮氏(当時セコム株式会社会長)、江副浩正氏(当時株式会社リクルート社長)の各氏が賛同、1987年(昭和62年)7月設立発起人会を開催、同年8月「フォーラム21」を設立した。
設立と同時に、梅津昇一氏が専務理事に就任し、1期1年として研修生の指導に直接あたるとともに、設立発起人が世話人となって要所で指導にあたることで、21世紀の日本・世界を担う新しい指導者を育成してきている。

1999年フォーラム21総会において、当時の今井敬新日鉄会長(当時経団連会長)が、梅津昇一氏の直接指導の姿、その努力を賞賛され、「平成の松下村塾たれ」との思いをこめ、「梅下村塾」と命名された。
令和3年1月梅津塾長の逝去により、35期以降の研修については、一般財団法人梅津財団が主宰し継続することとなる。
これまで(1期から33期まで)の修了生は1,112名にのぼる。
現在も、34期生39名が研修中である。

目的

01国のリーダーの育成

我が国を代表する企業のトップ経営者が世話人となり、直接指導にあたることにより、
21世紀の日本、世界を担う新しい指導者を育成する。

02幅広いヒューマンネットワークの形成

一企業、一産業にとどまらず、様々な分野にわたる幅広いヒューマンネットワークを形成する。

03変革集団の形成

自ら前進し変革しようとする者が、既成概念、固定観念、従前のやり方、
考え方などをブレークスルーするための集いの場を提供する。

梅津昇一氏 略歴

梅津 昇一(うめづ しょういち)

経歴

大正13年 6月30日生 大分県出身
昭和55年 1月 日本電信電話公社を退職
昭和59年 8月 USフォーラムを設立
代表就任
USフォーラムは、若手幹部の育成、研鑽を目的とし、毎月1回著名な講師を招き、講話を伺うとともに質疑討論を実施する研修会であり、昭和59年8月27日に第1回を開催。
昭和60年10月 株式会社 ユーエス・コーポレーション設立 
代表取締役社長に就任。
昭和62年 8月 フォーラム21を設立 専務理事に就任。
フォーラム21は、21世紀を担う指導者の育成を目指して、官、民の若手リーダーを集め、異業種交流・フォーラム21を発起人(サントリー社長佐治敬三氏、NTT社長真藤恒氏、富士ゼロックス社長小林陽太郎氏、日本IBM社長椎名武雄氏、セコム会長飯田亮氏、他3氏)とともに創立された。
同時に専務理事に就任。
昭和63年10月 日本のマルチメディアを担う官・民の若手リーダーの育成研鑽を目指して、奥山雄材郵政次官、山口開生NTT社長の依頼により電気通信フォーラムを設立、代表就任
平成 8年11月 電気通信フォーラムは、NHK、KDDI、日本IBM、富士ゼロックスを加え、マルチメディアフォーラムと改称
平成11年 フォーラム21の名称をフォーラム21梅下村塾と命名、梅下村塾塾長に就任。
令和 3年1月 逝去

賞罰

平成10年 4月29日 勲四等瑞宝章 受章
平成21年11月 3日 旭日中綬章 受章

著書

  • 日暮れて道遠し-「梅下村塾」に賭けた吾が人生(株 ユーエス・コーポレーション)
  • 行動がなければ結果もなし「出でよ、平成の志士たち」
    ー現代版私塾「フォーラム21・梅下村塾」と共に24年ー(丸善プラネット)

関連図書

  • 「梅下村塾 フォーラム21」
    日本の次世代リーダーを輩出する異色の〈ヒューマンネットワーク〉
    守岡道明著 (ダイヤモンド社)
  • 「社会に出る前に学ぶこと、社会に出てから学ぶこと」
    梅村貴志著 (コンテンツワークス株)
  • 「自分主義を超えて―第一線ビジネスマンが考えた、手作り日本再生論」
    「チームビジネスマン」出版編集委員会著(産経新聞出版)
  • 「中国と日本・歴史の接点を考える」
    夏坂真澄・稲葉雅人著(角川学芸出版)
  • 「拝啓総理大臣殿 これが日本を元気にする処方箋です」
    フォーラム21 21期生 明日の健やかな日本を考える会(東洋経済新報社)
  • 「日本という問題  自分という課題」
    フォーラム21・梅下村塾 22期生(丸善プラネット)
  • 「ニッポン・プライド~復活への道~」
    フォーラム21・梅下村塾 23期生(丸善プラネット)
  • 「共靭」な日本へ~「自立」と「共創」で未来をつくる~
    フォーラム21・梅下村塾 24期生(丸善プラネット)
  • 「2030年、日本が○○であるために」
    フォーラム21・梅下村塾 25期生(丸善プラネット)
  • 「その手があったか!ニッポンのたたき台」
    フォーラム21・梅下村塾 26期生(丸善プラネット)
  • 「ニッポンを議論しよう」
    フォーラム21・梅下村塾 27期生(丸善プラネット)
  • 「あしたのタネ」 2050年の日本を咲かせるために
    フォーラム21・梅下村塾 28期生(丸善プラネット)
  • 「日本未来語」ともにつくろう!新しい国のカタチ
    フォーラム21・梅下村塾 29期生(丸善プラネット)
  • 「2050年への人創り・国創り」 
    フォーラム21・梅下村塾 30期生(丸善プラネット)
  • 「日本は経済から再起動する」
    フォーラム21・梅下村塾 31期生(丸善プラネット)
  • 「令和時代の日本人」~つながる力×自分ごと化~
    フォーラム21・梅下村塾 32期生(丸善プラネット)

以上

ページトップへ